固定電話を契約したいなひかり電話がイチオシ|料金設定が良心的

時代は変化している

ウーマン

加入権の価値と特徴

電話加入権とは、電話回線を使用するのに必要な権利です。すなわち、電話回線を新規で開設する場合に、NTT東日本やNTT西日本に支払う費用に施設設置負担金があり、支払うと電話加入権が発生するのです。電話加入権の保有者は、電話の設置場所の変更や休止を選択することができます。そして、休止をする場合には、5年以内に更新の手続きが必要であり、更新の手続きがされなかった場合、5年で時効のため、権利が消滅します。また、電話加入権は、相続や会社の合併などの法的事実に基づく名義変更には、手数料無料で変更することができます。しかし、譲渡や遺贈などの法的事実に基づかない名義変更には、手数料がかかるのです。電話加入権が発生する施設設置負担金は、電話設備費負担金や設備料などの名称を時代と共に変化しています。そしてその金額も時代と共に変化して、1976年には、80,000円まで金額も上がり、資産として価値がありましたが、現在は2005年以降、37,500円で据え置かれています。そのために、資産としての価値はあまりなくなっているのが現状なのです。また、スマートフォンの普及や、固定電話でもひかり電話の普及など、電話加入権が無くても電話をかけることができるものが、現在の主流になりつつあります。また、電話回線網も今ではすべて完成していますので、電話加入権の廃止も検討されています。電話加入権を持っているメリットとしましては、少なくても資産価値があるのはもちろんのこと、電話回線網を使った固定電話は、災害に強いことがあげられます。

Copyright© 2017 固定電話を契約したいなひかり電話がイチオシ|料金設定が良心的 All Rights Reserved.