固定電話を契約したいなひかり電話がイチオシ|料金設定が良心的

施設設置負担金の基本

男の人と女の人

回線の違いを知っておこう

施設設置負担金を支払うことで電話番号を取得し、電話やファックスなどを使えるようになるのが電話加入権です。電話会社へ支払う施設設置負担金は、現在では税抜き36,000円となっており、契約料は税抜きで800円程度に設定されています。電話加入権で使用できる回線にはプッシュ回線とダイヤル回線があり、収容先の電話交換局の違いにより、毎月の料金が変化する仕組みです。ただし種別が3級局の収容先なら回線による費用の違いはなく、住宅用は月々税抜き1,700円、事務用では税抜き2,500円となります。1級局と2級局の収容局ですと、プッシュ回線ならそれぞれで100円ほど安く、ダイヤル回線の場合は、150円から250円ほどの範囲で安くなっています。それほど重要なことではないかもしれませんが、加入電話に関するマメ知識として押さえておくと良いでしょう。一方、2つの回線の違いですが、プッシュ回線はトーン信号を発信し、ダイヤル回線はパルス信号を発信するのが違いとなっています。そして、トーン信号の方がパルス信号よりもスピーディーにつながるため、電話を快適に使いたいならプッシュ回線が効果的です。急用などで早く電話をつなぎたい時には有利となっており、ワンプッシュのリダイヤル機能を搭載する電話機を使用すれば、一層素早く接続できます。さらに#で始まる4桁のダイヤルが利用できるのもプッシュ回線の強みですから、押しボタン式の電話機を設置する際は、プッシュ回線の電話加入権を検討すると良いでしょう。また、ダイヤル回線の電話加入権でも途中からプッシュ回線に切り替えることは可能で、その時はエリアにより、月々の回線使用料が変わる場合もあります。

Copyright© 2017 固定電話を契約したいなひかり電話がイチオシ|料金設定が良心的 All Rights Reserved.